神戸異人館観光名所〜願いの叶う椅子

願いの叶う椅子〜神戸異人館

山手八番館

願いの叶う椅子がある異人館

願いの叶う椅子は異人館エリアでももっとも山側にある、山手八番館にあります。
うろこの館のすぐ隣です。

 

山手八番館にアクセスするなら、急勾配の坂を登ることになるので、歩きやすい格好が良いです。

 

入場料は有料となり、山手八番館は500円で入場できます。
ただし他の異人館を巡るのであれば5館特選券や9館特選権をお勧めします。
異人館の料金詳細はこちら

 

もし5館巡りをするのであれば、
「坂の上の異人館」→「北野外国人倶楽部」→山手八番館→うろこの家・美術館の順に巡ることをお勧めします。
やはりうろこの家と山手八番館は印象的なので、先に別のを見ておきましょう。

 

 

山手八番館とは??

旧サンセン邸で明治後期に建設されています。
公式ホームページにはチューダー風の3連式の塔屋が特徴の異人館と紹介されておりますが、
奇妙なな銅像がたくさんあり、異様な雰囲気を醸し出しています。

 

この異人館でもっとも有名なのが、「願いが叶う椅子」です。

 

■不気味な銅像が・・・
不気味な銅像

 

不気味な銅像2

 

 

願いが叶う椅子「サターンの椅子」(サトゥルヌスの椅子)

不気味な彫刻に飾られた椅子はローマ神話の農耕神サターン(サートゥルヌス・ギリシャ神話ではクロノス)の椅子と呼ばれています。
豊穣をもたらす神の名に因み「願い事が実り叶う椅子」と伝えられています。

 

向かって右側が女性用、左側が男性用とされ、座って願い事をすると叶うと言われています。。
サターンの椅子

 

不気味な彫刻をみると「悪魔のサタン」と思ってしまいますが、どうやら違うようです。

 

サターンの椅子は山手八番館を入ってすぐに左手の部屋にあります。
正直ここ!?って言う感じでした。。。

 

小さな部屋の両端に置かれています。
サターンの椅子2

 

私が行ったときは差ほど行列していませんでしたが、時期やタイミングによってはかなり行列になるそうです。

 

びっくり仰天ニュースというテレビ番組でも紹介されたこともあり、
「女性に人気で、女性の比率が高いですね。

 

このサターンの椅子は男女で座る椅子が異なり、女性が男性用、男性が女性用の椅子に座っても効果がない
と言われてます。

 

その為女性用の椅子は行列していますが、男性側は意外とスイスイ行けました。

 

 

写真を撮るのは難しい

カップルの皆さんであれば、同時に座っている写真を取りたいと思いますよね??
残念ながら二人座った瞬間を撮影するのは、
第三者の人が行列以外の場所からさ撮影してもらうしかないと思います。。
※上の椅子2つが写っている写真は行列とは別位置から撮りました。

 

一眼レフをお持ちの方では超広角レンズでないと真正面はやっとな気がします。
※フルサイズで13mmくらいは必要な気がします。

 

個別に撮影することをお勧めします。

 

何より行列のプレッシャーがすごいので、みんなそそくさと撮影して、
願い事して進んでいきますね。

 

 

願いは叶うのか!?サターンの椅子

私も彼女とサターンの椅子に座り、2つお願いしてきました。。。
5年後に叶っているのかまたレビューできればと思います。

 

ちなみにサターンの椅子のキーホルダーが1000円で販売されていました。

 

願いが叶うかな???

 

 

 

 

 


スポンサーサイト